バンババン

文章だったらそこそこの
ものを書けるのですが、
やれ画像やレイアウトの美
的感覚はゼロなので、これ
から向上してゆきたいと思
います。
  << May 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ダヴィンチコード
 今日は作業所からのレクエーションで今大ヒットとなっている「ダヴィンチコード」という映画に行って来ました。僕は小学校六年間以外、幼稚園、中高大とキリスト教主義の学校で学んだので、キリスト教に対する知識はある程度あります。したがって「最後の晩餐」が何の時に開かれたのか、マグダラのマリアがどういったときに現れた人なのか、詳しくはわかりませんが前後関係でだいたいわかります。しかしイエスキリストに対して単に歴史上の人物であり、欧米人が唯一絶対の神とあがめることを知らない人たちにとっては、理解するのに難しい映画だろうと思います。一方製作者はフィクションとして作られた小説であり映画だといいます。しかしその中には見るものを「へえー」と思わせる歴史上の事実も織り込まれています。だから鑑賞者はフィクションとは思わず、これがキリスト教にとって新しく発見された新解釈として受け取られかねないと思います。それだからキリストを唯一絶対の神と崇める米国のクリスチャン組織からは、抗議の声も上がっているようです。最後の結末は、娼婦だったマグダラのマリアがイエスキリストの妻であって、その間に子を設け、その子孫がいまだに生きているということがわかりました。そしてその人物はこのドラマのヒロイン暗号解読官のソフィーという女性であることが証明されるのです。映画の中盤からなんとなくそういう虫の予感はありましたが、やはりそれが上記したようにフィクションでありながらも、ポイント、ポイントで歴史的事実であるかのように説得力を持って語られるので衝撃を隠せません。やはり世界的にも小説もベストセラーで、映画興行も大ヒットしているという前評判だけあって見ごたえ十分でした。それからこのソフィーというヒロインの幼少の頃にその家族を乗せた車が正面衝突してフロントガラスが叩き破られるシーンといい、銃撃戦のシーンといい、臨場感あふれるその音響は迫力あるものでした。しかしこの映画には娯楽エンターティーメントには必須の、セックスシーンは出てきません。そこが上記したようにますますフィクションではなく、発見された歴史の新解釈ではと聴衆を錯覚させることを手伝っています。僕も記憶力が落ちているので、帰りにパンフレットも買いました。それを読めばスクリーンと両方でさらに知的刺激に満ちたこの映画を楽しめます。しかしこのパンフレットなんと六百円もします。映画の料金は、僕たち障害者手帳を持っている者は特別割引で二百円では入れるのに、なんとその三倍の出費です。しかしそれだけ出してもこの映画とパンフレットには興味が惹かれ十分元は取れたと思わせられます。どうかこのブログを読んでまだ観られてない方は、この映画を見パンフレットを買ってみてください。きっとその日一日はこの映画のことで空想を楽しめますよ。
| バンババン | 映画鑑賞 | 20:46 | comments(0) | trackbacks(1077) |
リハビリテーション
 昨日はキリスト教会の友達と武庫川の河川敷をジョギングした。二年前に腰を悪くして以来、久方ぶりのジョギングである。下手したら早歩きしている人のほうが速いぐらいの走りだったが、約二キロほど両足が二つとも地面を離れるというランニング状態を保った。ぜんぜん息が上がらなかったが、左足のふくらはぎに張りを感じて無理したらまた肉離れになると思い、ほんとウォーキングと変わらないスピードで走った。これから一週間か二週間に一度このジョギングを継続して行こうと思う。今度は三キロに挑戦してみようと思う。それから二週間ほど前から縄跳びも始めている。これも気をつけないとふくらはぎが肉離れを起こすので、徐々に徐々に負荷を高めて行きたい。しかし中年になってくると若い頃のように無理がきかない。ほんと僕も年を感じ始めている。しかし悪いからといって安静にさせているというのは一昔前の治療法で、いまは悪くても無理のかからない程度に刺激し新陳代謝を活発にして、鍛えながら治すというのがリハビリテーションの基本である。だから無理のないよう、かと言ってそれを口実にサボったり甘えたりすることのないよう、これからもスポーツとかかわっていこうと思う。
| バンババン | スポーツ | 21:02 | comments(0) | trackbacks(78) |
神戸の癒し
 今日は金曜日。今週の仕事納めです。それゆえしっかりと作業したかったのですが、幻聴が聞こえて散々な日でした。その内容は「アホヤ。」とか「アホじゃ」とかそのほか自分を否定したり、傷つけたりするささやきをさします。男の声も、女の声も両方です。これをそんなの無視していたらとも言われそうですが、無視したら無視したで下手にでりゃ付け上がってくるのです。ほんと大阪という町は僕を抹殺しようとしているのでしょうか。ほんと怒りが心頭に走ります。それゆえ仕事を終えた後今日も神戸へ出かけました。この町は大阪と違って傷ついた僕を赤子を抱く母親のように癒してくれます。大阪で受けた深い傷をあたかも母親が泣く子を癒すようにいたわってくれます。ほんと神戸。この街になんと感謝したらいいのでしょう。そして大阪。この町は怒りの炎がめらめらと燃え上がってきます。しかしそういいながらも自分の生まれ育った町ではありますが。氷川キヨシの「ズンドコ節』に「いつか必ずふるさとへ錦飾って帰るから」というフレーズがあります。皆成功した人はふるさとへ凱旋しています。しかし「デビルマン」のテーマソングに、「裏切り者の名を受けて すべてを捨てて戦う男」というフレーズもあります。僕は四十になりながらもいまだにこの状態です。批判するためにはある程度その集団のどこかを嫌って、その輪の外へ出るしかありません。しかし大阪というところそういう人間には徹底した監視と嫉妬の炎を燃やして引っ付いてきます。ほんといやらしいやつらです。しかし僕も大阪で住んでお世話になる以上、ある程度の妥協も必要です。しかしだからといって大阪の悪いところには徹底して戦っていきます。たとえ殺されようとも。また大阪の悪口を書いてしまいました。その根本となっているのは伊達や酔狂で無く、神戸で上記したようなほんと大阪とは正反対の天国気分を味わっているからなのです。ほんと大阪という町きらいです。僕は大阪に殺されるのでしょうか。小泉首相は郵政民営化法案を作成するためには、「殺されたっていいんだ」といっていました。僕はその言葉に大阪の人間には言えない勇気を感じました。大阪の人間は言うかもしれません。「アホヤ」と靖国参拝もどうせ大阪の人間は「アホじゃ」と言っているのでしょう。ほんと国を守り司っていくのは東京で、大阪は「おうえなんて何ぼのもんじゃ、くそ食らえ」というようなものです。僕はそういう大阪の自分達主義に憤りを感じ「裏切り者の名を受けて・・・」となってしまったのです。神戸はこういう僕をわかってくれます。思えば大阪でいじめられもう自殺するかもしれないと発狂したときも、神戸へ車で出かけその孤独を癒してくれました。しかし僕が神戸や西宮の学校に行っておらず、ずっと大阪で小さい頃からはなれずにいたらどうなっていたでしょう。わかりませんが少なくともいまよりはよい生活をしているとは思えません。神戸、大阪すべてにおいて理解し合えとは言いませんが、手を取り合って東京に負けない社会を築いていって欲しいものです。
| バンババン | 大阪と神戸 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(1) |
諦めないでスポーツを
 今日は後輩とサッカーをしました。このところ後輩が運動するなら野球をしたいって言うのでずっと野球をしていたのですが、僕のふくらはぎに張りを感じ走ることはできないので、サッカーに切り替えてもらいました。もちろんサッカーも走るのですが、今日やったのは野球でいうキャッチボールのようなもので、ロングパスの蹴りあいをやりました。しかしその後輩は元サッカー選手だけあって、蹴る力もコントロールも僕より上手で常にリードしてもらいました。しかしサッカーというのはボールを勢いよく蹴れて、コントロールが定まればエクスタシーを感じます。今日は久しぶりにやったせいか、その両方ともうまく行きませんでした。それからこれは僕独特なものでしょうか。サッカーをやった後は目がよく見えます。その後ウォーキングをしたのですが、いつもなら見えない遠くの物体がはっきりと見えるときもありました。やはり球技がうまい人は目がよく見えるのでしょう。それだから自分の行っている視力回復にも大いに生かせます。それと同時並行してやっている空手のサンドバックトレーニングにも、サッカーの蹴りは波及効果を及ぼします。いまさら言うまでも無いことかもしれませんが、スポーツっていいですね。若い頃はバリバリとやったのに、「もう年や」と捨て鉢になってスポーツをしていない中高年の人々。まだまだ諦めちゃいけません。僕も今度の十三日で四十一になりますが、まだまだ諦めていません。人生八十年。まだまだ道半ばです。バーンアウトから立ち直るのは至難の業ではありますが、何とか諦めずスポーツを続けて健康を維持し続けましょう。何か年寄りか、アントニオ猪木みたいですが、「元気と健康があれば何でも出来る」です。野球観戦だけにとどまらず、自ら動いてみましょう。
| バンババン | スポーツ | 21:57 | comments(0) | trackbacks(45) |
縄跳び
 今日変わったことといえば外はどしゃぶりの雨だったので、室内で出来るスポーツはないものかと思案して思いついたのが、なんと神戸そごうの屋上の踊り場での縄跳びでした。久しぶりにやる縄跳びで最初は三十回ぐらい飛んだら紐に足が引っかかりましたが、最後に連続百回飛べて切り上げました。それプラス、ツイストジャンプというのもしました。これは足を閉じて足を右、左に回転させながらジャンプするというトレーニングです。これが今やっている空手の回し蹴りの動きに応用できないかと考えてやってみました。二年前から腰を悪くして治るまで走るはおろかジャンプも出きなかったので、久しぶりの縄跳びにしては思ったよりうまく飛べました。これをきっかけに縄跳びを運動エクササイズの一つに加えていこうと思います。ただそごうの踊り場では晴れている日はビアガーデンがあるため、店員が行き来していて出きないと思います。しかし縄跳びぐらいちょっとした公園があれば出来るので、そこで百を三セットぐらいは飛べたらと御の字なのですが。とにかく過食症から来る肥満で,お中の肉がたるむということが僕の生涯の敵です。それにこのツイストジュンプと縄跳びは恰好の運動だと思います。これからも毎日は無理ですが、週に二、三回は出来たらと計画しています。また友達と腰を悪くする前やっていたスローペースのジョギングも、復活してみようかなと目論んでいます。
| バンババン | 縄跳び | 20:43 | comments(0) | trackbacks(33) |
布引ハーブ園
 昨日はキリスト教会の友達三人で、神戸布引ののハーブ園に行きました。ロープーウエイがあるのですが、乗らずに下から歩いてハーブ園の頂上まで行きました。そこのレストランでアイスのハーブティーとチョコレートケーキを食べました。七百円と少しイクスペンシブですが、ハーブティーにはシロップを入れないでチョコレートケーキの甘味で堪能でき、至福の一時でした。女っけの無い男三人なので横に据わっている若い女性達が気になりました。しかし他の二人はそういう興味はあまり無いのでしょうか、二人であたかも女同士のようにぺちゃくちゃしゃべっていました。それから帰りもウォークで降りて行きました。途中の風の丘駅ではそれをやるにはちょうどよい芝生の広場があったので、もってきたラケットと羽でバトミントンをやりました。しかし如何せん風があって、風上のほうが有利なので下の風の遮られている場所でやろうということになりました。そしてテクテクと歩いていったら一人で行くと結構長く感じますが、三人でしゃべりながら歩いていったら思ってたより早々と降りることが出来ました。そして新神戸オリエンタルホテルのショッピング街オーパ内でパスタを食べました。これも八百四十円と結構な値段がするのですが、ホテルにしてはリーゾナブルで、不景気のデフレ効果のせいかなとも思ったりしました。それからその二人の住んでいる西宮に戻り、ジャンカラへ行きました。三人とも四十を超え、しかも独身という共通点も手伝ってか、ご察しの通り懐メロ大会と相成りました。
 そんなに楽しくも無く、つまらなくも無い一日でした。その理由は女っけがないということでしょうか。二人のうち一人は僕と同じ精神障害者で、話が合うかなとも思っていたのですが、その人はぺちゃくちゃぺちゃくちゃ機関銃のように話し、ややついていきかねるところがありました。それにしても女が死ぬほど欲しい。何とかいい縁が無いものでしょうか。今日も祈るばかりです。
| バンババン | 挨拶。自己紹介 | 22:01 | comments(1) | trackbacks(157) |


 SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
.
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS