バンババン

文章だったらそこそこの
ものを書けるのですが、
やれ画像やレイアウトの美
的感覚はゼロなので、これ
から向上してゆきたいと思
います。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
神戸の癒し
 今日は金曜日。今週の仕事納めです。それゆえしっかりと作業したかったのですが、幻聴が聞こえて散々な日でした。その内容は「アホヤ。」とか「アホじゃ」とかそのほか自分を否定したり、傷つけたりするささやきをさします。男の声も、女の声も両方です。これをそんなの無視していたらとも言われそうですが、無視したら無視したで下手にでりゃ付け上がってくるのです。ほんと大阪という町は僕を抹殺しようとしているのでしょうか。ほんと怒りが心頭に走ります。それゆえ仕事を終えた後今日も神戸へ出かけました。この町は大阪と違って傷ついた僕を赤子を抱く母親のように癒してくれます。大阪で受けた深い傷をあたかも母親が泣く子を癒すようにいたわってくれます。ほんと神戸。この街になんと感謝したらいいのでしょう。そして大阪。この町は怒りの炎がめらめらと燃え上がってきます。しかしそういいながらも自分の生まれ育った町ではありますが。氷川キヨシの「ズンドコ節』に「いつか必ずふるさとへ錦飾って帰るから」というフレーズがあります。皆成功した人はふるさとへ凱旋しています。しかし「デビルマン」のテーマソングに、「裏切り者の名を受けて すべてを捨てて戦う男」というフレーズもあります。僕は四十になりながらもいまだにこの状態です。批判するためにはある程度その集団のどこかを嫌って、その輪の外へ出るしかありません。しかし大阪というところそういう人間には徹底した監視と嫉妬の炎を燃やして引っ付いてきます。ほんといやらしいやつらです。しかし僕も大阪で住んでお世話になる以上、ある程度の妥協も必要です。しかしだからといって大阪の悪いところには徹底して戦っていきます。たとえ殺されようとも。また大阪の悪口を書いてしまいました。その根本となっているのは伊達や酔狂で無く、神戸で上記したようなほんと大阪とは正反対の天国気分を味わっているからなのです。ほんと大阪という町きらいです。僕は大阪に殺されるのでしょうか。小泉首相は郵政民営化法案を作成するためには、「殺されたっていいんだ」といっていました。僕はその言葉に大阪の人間には言えない勇気を感じました。大阪の人間は言うかもしれません。「アホヤ」と靖国参拝もどうせ大阪の人間は「アホじゃ」と言っているのでしょう。ほんと国を守り司っていくのは東京で、大阪は「おうえなんて何ぼのもんじゃ、くそ食らえ」というようなものです。僕はそういう大阪の自分達主義に憤りを感じ「裏切り者の名を受けて・・・」となってしまったのです。神戸はこういう僕をわかってくれます。思えば大阪でいじめられもう自殺するかもしれないと発狂したときも、神戸へ車で出かけその孤独を癒してくれました。しかし僕が神戸や西宮の学校に行っておらず、ずっと大阪で小さい頃からはなれずにいたらどうなっていたでしょう。わかりませんが少なくともいまよりはよい生活をしているとは思えません。神戸、大阪すべてにおいて理解し合えとは言いませんが、手を取り合って東京に負けない社会を築いていって欲しいものです。
| バンババン | 大阪と神戸 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(1) |
神戸と大阪の違い
 大阪と神戸の違い。果たしてどこにあるのか。ぼくはもっぱらの神戸派である。とにかく神戸の女は美しい。それは何に起因しているのか。やはり男を挑発するのにも男の目の健康を考えていてくれる。大阪の女とはそこが正反対に違う。とにかく大阪の女というのは男を挑発するときに、男の目が悪くなるということを一切考えない。男の目を潰すようなことを平気でする。それは言ってみれば男を感じさせる挑発どころか、男の目を破壊する嫌がらせ以外のなにものでもない。確かに譲って僕が目が悪く、目がよい男ならそれを事前に避けれるということが出来るのかも知れない。では目が悪い男というのは大阪では成功できぬというのだろうか。とにかく大阪の女というのは男の目がつぶれようがどうなろうが平気のへいさである。確かにそれは時には男のせんずりのえさになることもある。しかしそれは愛にはならない。大阪人は性というのはもっとよく熟慮すべきである。その点神戸は確かにそういう男の目に配慮するという回りくどいことをするせいか、何かセックスには淡白のようにも感じる。しかし大阪のセックスは欲求不満を解消するだけの虚無を生じさせる。そうでない人間もいるのであろうか。しかしどう考えても大阪の男は目を潰されている。大阪の女のせいである。そしてそれはいくらレイプというのは犯罪だということを叫んでも、レイプがまかり通ってしまう土壌を生むことになる。レイプとは女がその気でないのに男の自分中心の欲望を満たすために、セックスを強要することである。それを大阪では女のほうも男がそんなこと微塵もして欲しくないのに、男の視線を横切り目を潰すという逆レイプをしている。レイプというものは後々に女にも男にもトラウマ(心的外傷)を与え、男不信、女不信に陥らせる。そして結局は男にも女にも感謝の心など微塵も感じない、男を女を騙して平気な顔をする男と女を増加させることになるのだ。大阪は神戸を単にかっこつけのいいとこの人間と軽んじず、もっとその精神まで追及するべきだ。さもなくば大阪はほんとしょうむない、男女の文化が花咲かぬ不毛の町と化してしまう。大阪の女ばかり責めたが、大阪の男も女以上の本当の幸せへの執着を持って女の男へのレイプ(セクハラともいえる)をなくすべく地道に訴えて行くべきである。神戸を礼賛し大阪をけなしてしまったが、神戸を知る大阪の住民として何とか神戸のような幸せを大阪でも体験したいゆえ言及してみた。
| バンババン | 大阪と神戸 | 20:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
大阪と神戸
 今日は何事においても今ひとつ乗れませんでした。特に調子の悪いときの頼みの綱、ウォーキングした後の喫茶「みかげ」での書き物も、昨日睡眠を十分にとらなかったので眠たくなり思うように書けませんでした。それだから今日は長居をせず、早めに切り上げて家路に着きました。
 さて明日は作業所からの大阪探険、鶴見区編です。今回は鶴見緑地の中をいろいろラリーして一時間半ほどウォーキングするみたいです。指導員の人はどんな工夫を凝らして僕たちを楽しませるラリーの問題を作ってくれたのでしょう。いまから楽しみです。何しろ「ここから見えるアメリカのシンボル的建築物はなに?」(難波のアメリカ村にある自由の女神)だとか、「ここの神社には何匹狛犬がいるでしょう?」だとかあれこれ探し回りつつ運動が出来るのだからこれほど楽しいものはありません。そして今回は鶴見緑地公園内、面積も広く散歩している人も多いので、誰憚ることなくウォーキングが出来そうです。その後はまた神戸へ行くつもりですが、大阪と神戸二つの都市を味わえ両方の良い所を感じ取れれば一番いいのですが。いままでの例から言って神戸の良い所が目立ち、大阪での良い体験は少ないです。皆さんは大阪と神戸の違いについてどう考えられますか?是非ともこの問題について語れる友達を作りたいのですが。
| バンババン | 大阪と神戸 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) |


 SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
.
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS