バンババン

文章だったらそこそこの
ものを書けるのですが、
やれ画像やレイアウトの美
的感覚はゼロなので、これ
から向上してゆきたいと思
います。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
格闘技観
 このところ二日おきにツタヤへ行って、格闘技のDVDを借りてきている。金的、目突き以外なんでもありのプライドだ。いまの格闘技ブームに火をつけたのはK1だが、それは立ち技のみの最強で寝技も入れた総合ではプライドのほうが上である。K1のチャンピオンがプライドのリングで次々破れている。もちろんプライドにも現王者ヒョードルのように打撃系の選手もいるが、立ち技に加えてグランドのテクニックも持っていなければ、プライドのリングで勝てない。そのヒョ−ドルというのがどんな態勢からも強力なパンチを繰り出し氷のこぶしと名づけられているプライドの現チャンピオンである。。一方それ以上に人気のあるのが技の百貨店、芸術的ともいわる百以上の技を持つといわれるノゲイラというテクニシャンがいる。この両者は過去二回戦っていて、一回目はヒョードル、二回目はバッテイングにより無効試合となっている。打撃系は見ていて迫力がある反面技が単純で飽き易い。一方技による一本勝ちを取る選手はボクシングや空手しか見たことのない格闘技ファンにも、見ていて新鮮で興味深い。プライドの醍醐味はなんといってもグランドでの関節技、締め技の決めあいにある。しかしその技もある程度打撃によってダメージを与え、動きが鈍ったり、緩慢になったりしている時でないと決まらない。技には技の防御の仕方があるからだ。しかしそれでも格闘技の通になると単にパンチやキックでK.O.するより、関節技や締め技で不利な態勢から逆転勝利を収めるほうが見ていて楽しい。そのため僕も総合格闘技の技のテクニックという写真解説をしてくれる本を買い、友達にどういう形で書けるのか実験台になってもらったりして研究している最中である。僕もこの総合格闘技を見始めて、格闘技観というのが変わった。もっと技を研究して街で喧嘩のシーンに巻き込まれたときに、威力を発揮できるほどな格闘技テクニックを持ちたいものだ。
| バンババン | 格闘技観 | 21:52 | comments(0) | trackbacks(7) |


 SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
.
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS