バンババン

文章だったらそこそこの
ものを書けるのですが、
やれ画像やレイアウトの美
的感覚はゼロなので、これ
から向上してゆきたいと思
います。
  << August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
おせっかい焼き
 今日は神戸の地域生活支援センターの仲間の間で、飛んだとばっちりをくいました。仲間の男と女との口論に巻き込まれたのです。その女はその男に言い寄られ付き合いかけていたのですが、次第にその男のいやな面が見え出してきたのか避けるようになってしまいました。それでとうとうその女は男が挨拶しても無視する、カードゲームをしていても男が来ると席を立つ、完全にしかとしだしました。そして今日もセンターが終了し、その男をのけた女も含む六人ほどで帰ろうとしたら、その男も仲間に入れてくれと合流してきました。しかしその中にいた女はもう顔をもみたくないという態度を取って、もし男が一緒に行くなら私は帰りますとまで言い出しました。それを耳にした男は切れて、「嫌いになったのなら嫌いになったでもいいけど、同じセンターに通う仲間なんだからそのやり方というものがあるやろ。いまのようにあからさまに憎まれ行為をするのはいじめ以外の何者でもないやろ。」と啖呵を切り出しました。僕はそれはそれでなるほど一理あるなとも思ったのですが、その女は納得せずとうとう泣き出しました。その女の言うには具体的に言えといったらはっきり覚えてないけど、口が立つのがいいことに散々傷つくようなことを言われた。それを聴かされてつくづく愛想がついたというのです。僕もその喧嘩の場面だけを見たらどちらのほうに否があるのかわからないので、口を出さずに黙っていました。周りの男達は当の男が時々漏らす本音を聴かされて、「そこまで言うのはおかしい」と女の肩を持っていました。それから長引いた口げんかのほとんどがそうであるように、おんなじことを五回も六回も口にしてお互いの傷がどんどん大きくなるという堂々巡りを延々一時間半も道端でしていました。結局その中で一番の年配でリーダー役の人が、その男に「この状態でいまから君も一緒に飲み会をするのはみんなが疲れるから、今日のところは身を引いて頂戴。後生だから。」とその男を諭して、その男もようやく身を引きました。それからみんなで近くの居酒屋に行って酒をオーダーし、それまでの疲れを飲み干しました。しかしそれがなくなってしまってもそんな不毛な人間関係はありませんが、男と女の痴話げんかというのはこじれたらややこしいものです。僕も男と女の関係の一つのけじめにまでもいたっていませんが、こんなぐらいなら恋愛などしなかったらよかったのにという幻滅によくぶつかります。でも一晩寝ればそんなことも忘れます。そしてこれは性分でしょうか。どうしても彼らによりを戻して仲良くなって欲しいと、当の本人達からしてみればありがた迷惑とも取れる願いを持ってしまいます。僕はおせっかい焼きなのでしょうか?
| バンババン | 恋愛 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(233) |
二股の恋
 今日は大阪の作業所で昼まで仕事をして、神戸の生活支援センターに行ってました。そしてそこで五時までいて、帰りすがら女一人と六人の男とで喫茶店に入りました。そこは家族経営で決して洒落たモダンな喫茶ではないのですが、二階まであって、BGMに癒し系の音楽が流れ僕がよく書き物をする行きつけの喫茶です。そこで三十分ぐらいわいわいがやがやと雑談をしていたのですが一人っきりの女が突然帰るといい出し、一階への階段を下りだしました。しかし昨日から三時間ほどしか眠ってないそうでよろけて階段から落ちかけました。だからその一番近くに座っていた僕が彼女の肘をもって下まで降ろしてやりました。そしてこのままではとても危険な状態なので、僕が彼女の最寄の駅まで付き合ってやることにしました。阪神御影の駅のホームまでずっと僕が彼女の二の腕をもってささえながらエスコートしてやりました。そして特急に乗り込みました。しかし彼女の最寄の駅は香枦園で、その特急は一つ向こうの西宮まで行ってしまいます。だから僕も同乗して香枦園まで引返してやるからといいましたが、彼女は梅田まで行ってやることがあると言い出しました。そのふらつく足元でです。しかし僕は彼女の彼でもなく、そう言われたらほっぺたをぶって強制するほど深い仲ではありません。ただ僕は先ほどの喫茶店で彼女の寝不足によるふらつく状態を見ているので、そんな危険なことはさせれない。喫茶店で別れた同じく彼女のことを心配する男たちの手前責任があります。彼女と帰り道がおんなじ方向だから同乗したとはいえ、彼女をそんな危険な状態で放り出して、途中で倒れられたりしたら付き添った僕の責任問題にもなります。だから梅田までついて行くことにしました。そしてその電車での道中が大変だったのです。途中電車の中で彼女はわざとよろけて僕に抱きつくまではしませんでしたが、体を預けておどけたりしだしました。彼女に思い切って「僕のことが好きなのか」と尋ねてみました。そこでもし仮に彼女に告白されて抱きつれたりしたら、僕の理性はどうなっていたかわかりません。しかし彼女はその答えについてはお茶を濁しました。そしてそのほかいろいろ女の武器として甘い声で僕に「誘って欲しい」と取られてもおかしくない挙動や話をしだしました。だから僕は実を言うとそのセンターに研修生としてきている専門学校の講師の娘を狙ってるんやと打ち明けました。それを聞いて彼女はがっかりしたのかどうだったのかはわかりませんでした。しかしそれでも「女がここまで言ってるのに誘わないのは男じゃない」というような素振りで話しかけ続けます。だからこう見えても僕は普段猥談ばっかり言っているけど、昔スナックでそこのウエイトレスに「今度一緒に映画に行かない」と明らかに告白されたことがある。でも自分が狙っている娘がいることを打ち明け、その娘が好きだからとその申し出を断ったことがあるんだよ。と話すと「へーかっこいい」といってくれました。そして彼女は梅田で会う人がいると言い出し、どうしても僕の助言を聞かないので、僕が出来る限界のことはやった。これ以上は彼女の生き方そのもので僕が立ち入るべき領域ではないと諦めて梅田で別れました。しかし電車の中でまるで出会ったばかりの恋人同士のように、いちゃつくに等しい行為や会話をしていたので、いまも彼女の顔が脳裏から離れません。しかし彼女はあれからどうしたのでしょう。謎です。それゆえに彼女が知らない人と会って何をするのか、そして寝不足であんなにふらついて彼女が無事家に帰り着いたのか大いに心配です。しかしあんな電車の中で女と夢のような会話をするのは生まれてはじめてなので、今日一日経験した出来事は僕の胸の奥で、いつまでも消えずに残るような気がします。
| バンババン | 恋愛 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
二人の女性
 今日は二ヶ月ほど前から行っている神戸の精神障害者のための自立支援センターで過ごしました。いま僕はそこで二人の女性に感じています。一人は美人でスタイルもよく元気がいいのですが、いかんせん極端に負け惜しみが強く、よく切れる子でとても付き合ってられません。しかし彼女には女の色気は感じます。だからもし仮にムコウから言い寄ってきたとしたらどうなっていたかわかりません。しかし今日僕の前でもう一人独特の個性を持った男の人に誘われて、途中でセンターから出てゆきました。これで事実上の二人の間の恋心の破綻となりました。これでよかったのです。これでもう一人のちょっと田舎臭い気はしますが、性格美人の女性に的を絞ることが出来ます。彼女は明日やってきます。だから僕も万全の準備をしてそのときに望みたいと思っているのですが、自然体のほうが反っていいのではという気もします。
さて彼女のためなら少々の苦労はしようと思いますが、僕が唱えている極め細やかなアホウ文化を否定し、軽蔑するような人ならば手を引こうと思っています。この極め細やかなアホウ文化というのは、悪がチェンジしてアホに改心出来る文化のことです。大阪では悪よりアホのほうが軽蔑的に見られる傾向がある。それが僕は気に入りません。だから悪よりアホのほうが重んじて見られるためにもアホウの見直しをしてもらいたいのです。ここでいうアホというのは知性を磨かない怠け者という意味ではなく、その生き方が悪を憎み正義を愛して、それを笑いで和らげるような性格のことをさします。もちろん知性は磨いて賢くなることはいいことですが、しかしそれが度を過ぎてずるがしこくなって人を騙したり、悪知恵を働かすようになるのはいけません。醜い利口よりきれいな馬鹿(大阪弁で言うとアホ)のほうがましです。最近の社会情勢でひとつ思うことがあります。巨人が交流戦を境に弱くなった理由です。それは東京の素直すぎる正義の思想が大阪的アホの思想を無視したせいだと思います。正義は人間生活のうえで非常に大切な思想ですが、その中で笑いやユーモア抜きのそれでは頭が凝り固まって、やがて自由に負けてしまいます。その中にユーモア、笑いが入ってこそ円滑に機能するのです。そのためには東京の侍社会ではわかりにくい大阪的アホになることが必要です。
 女性の話から長々とアホウという概念についての僕の意見を言わせてもらいました。明日はこのアホウの思想を引っさげてかの女性をゲットしに行きたいと思います。もちろん彼女も神戸の女性。ちょっとぐらい気取ったところと、意地悪なかわいさは尊重してあげるつもりです。しかしその対極にある大阪的アホウ思想も是非彼女にはわかって欲しい。そのためにはどんなこともいといません。ちょっとこんなに肩肘を張りすぎても逃げられそうですが、肩の力を抜いて自然体かつ、最大限の努力をしてきたいと思います。さて明日はどうなることやら。気力があればその結果をこのブログでお知らせします。
| バンババン | 恋愛 | 20:01 | comments(0) | trackbacks(81) |
自立支援センター
 今日も精神障害者の自立支援センターに行った。そこには僕がいま現在狙っている子がいる。僕はメンバーだがその子は研修生だ。彼女の何が気に入ったといって、研修生ならそういう態度が当たり前といえば当たり前なのかもしれないが、僕のことを興味深げに積極的にしゃべりかけてくれることだ。その積極的な姿勢に一目ぼれしてしまった。だからその子と話している最中に一物を勃起させることが出きないかなと、いろいろ試行錯誤してみた。もし立ったとしたらいろんな空想が浮かんで彼女に楽しい話を聞かせてあげることが出きるのにと考えた。しかしその試みは失敗した。そして彼女にメール交換をしてくれないかと誘ったけど、それは断られてしまった。しかし何か取っ掛かりを残すために、自分の住所、メルアドを書いた名刺を渡してきた。
 そして家に帰ってテレビのニュースを見ているときに、彼女を思い出して立った。「それは君が勝手に想像する幻聴だよ。」といわれそうだが、何を立たせている最中に彼女のうっとりして恍惚に浸っている声が聞こえるのだ。さらに声にはなってないが、「お願いもっと」というおねだりの声まで聞こえて、わが一物は反り返った。おそらく彼女にも僕の声が聞こえて彼女自身も感じ、僕におねだりしているのではないかと思う。いわば前にも言及したことがあるが、想像共感セックスとはこのことだろう。こんなことが出きたのはいつ以来だろう。いまから六年前、三十五の絶頂期に出来たような出来なかったようなおぼろげな記憶がある。とにかく女性を好きになって、その子を思い出して勃起したのは数年ぶりである。それほど彼女とは馬が合い、また彼女が魅力的なことを証明している。彼女は毎週月曜日にその自立支援センターにやってくる。来週が楽しみである。
| バンババン | 恋愛 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(11) |
クリスマスまでには
 今日は仕事が休みで神戸へ出かけてました。以前にも書いた今狙っている行き着けの喫茶店のウエイトレスに会いに、朝早くから出かけました。しかしその子はいず、仕方ないので一人神戸新聞を広げて読んで、アンダーラインを引っ張ってノートに要約していました。二時間ぐらいてそろそろ場所を変えようと思い二階から一階に降りていくと、なんとその子が現れました。カウンターにいる他のウエイトレスの手前、小声で「おはよう」というとかわいく会釈してくれました。その黒い瞳がかわいく、美しくてつい感動の余韻を覚えました。「いける。まだ脈は切れてない。大丈夫だ」と確信しました。しかし今度会えるのは週末の土曜日か、日曜日です。「その時こそ決めてやろう。」彼女をお茶に誘ってみようと思ってます。しかしぶっちゃけた話僕は風俗以外の女性と交渉したことがありません。だから風俗とは違って男主導となるセックスで、彼女を満足させてあげることが出来るのか不安です。しかし夢としては彼女を幸せの絶頂に登りつめさせて失神させてやるなどという大見得も切ります。ラブホは僕の作業所の収入からしたら高いので、カラオケボックスで楽しもうなんていう計画も立ててます。とにかくクリスマスまでに告白したい。彼女頷いてくれるでしょうか。いまは冬。寒いから彼女を抱きしめて温めて上げたい。そしてあの最中では,彼女も積極的になって欲しい。とにかく寒いから体中をなで触って、こすりもんでペッテイングで彼女をその気にさせたい。もう彼女がびっくりして「もうだめ。もう止めて。」といっても許しはしない。失神するまで攻めて攻めて攻めまくろうと思う。彼女を幸せにするのなら死んでもいい。そうとさえ思えてきました。しかしこうなってきたのも僕の運勢もここに来て大きく吉のほうへ傾いてきたのかもしれません。彼女と結婚したいとまで「捕らぬ狸の皮算用」を想像しています。そして前にも言いましたが、「俺は男」などということはよっぽどのことがない限り言わないでおこうと思います。男女平等、自由と平等の恋愛と結婚というポリシーで進めて行こうと思います。いままで「男が男が」そして「男は上に立ち女は従うもの」というポリシーの下生きてきた僕にとってより難しい道です。、しかし自由と平等というものもいいものです。男が謙虚で控えめにしてる分、女もそれに感じて反って男に感謝し尽くしてくれるような気もします。かといって勇気を失くして女にバカにされるようなことはしたくありませんが。とにかく今度会う日まで自分の意見をしっかり持って、彼女に告白できるよう研鑽しようと思っています。
| バンババン | 恋愛 | 20:29 | comments(0) | trackbacks(19) |
ずるい女
 今日は朝から神戸へ行ってました。そして行き付けの喫茶店にあの娘がいました。けれど話しかけるチャンスがなく、今日も告白はお流れとなってしまいました。多分明日もシフトに入るだろうからがんばります。とにかく以前僕は女性に声をかけるとき、「男だから勇気を出して」とか、「男女の責任は男が負うべき」とか、男、男と見栄を張ってました。しかし今度は男女平等、女は男のほうから声をかけてもらいたがってるとは思うけど、女のほうからも積極的にアクションをかけてくれなけりゃ無理しない。という「どちらからともなく」惹かれあうというあえて困難な誘い方をしようと思ってます。そちらのほうが強引な言葉で口説くより、より深い関係が出来上がると思うからです。また女のほうにも一見ひ弱な男だと勘違いされかねますが、あの子なら実際にはより以上に愛情がある誘い方だと感じてくれるものと信じます。とにかくいままでの僕は女を幸せに出来ないのは、男が勇気がないせいとばかり思っていました。それは女(おんな)性善説と言う、女は社会的地位が低く、常に男よりは正しいことを言うもんだという考え方から成り立っています。しかし女も時と場合によっては間違ったことも言い、間違ったこともするのです。その視点に立って恋愛する時、時には女のほうからもっと近づいて欲しいという男の願いがあります。その声がわからぬ女には用はありません。そういう女は必ず、男がやさしくしているときはヘイヘイとついてきますが、ひとたび自分が損となればたちまち逃げてゆきます。こういう女は大阪に多い。いわゆるずるい女です。このずるさはオナニーのおかずにはなるでしょうが、ロマンとしていつまでも心に残ることはありません。そしてこのずるさというのは悪にさえ摩り替わります。その例として、男がおごってやるからと散々お金を使ったのに、女はその男からトンずらしようとしたとき、「さては俺を騙していたんやな」と逆上するパターンがあります。そのとき女は「お前がアホヤからじゃ」と姿をくらまします。そのときに男は気がついて目を覚ましても後の祭りというわけです。どうも大阪の女にこのずるさがあるように思えてなりません。もちろん男も男で、あれこれ飾り立てた言葉は建前で、本音は「ええ思いさえすればええんじゃ』というようなロマンティシズムのないのも大阪に多いような気がします。この男と女どちらも自戒し、反省せねばロマンティックな恋愛など出来ないでしょう。いい加減大阪は男においても、女においてもこのずるさに対抗する意志の強さや理論武装、そして怒り、憤りというものをもたねばなりません。さもなければ大阪にロマンチックな恋愛は成立しないでしょう。確かに大阪が好きで、住み心地がよいところだと思っている人にとっては失礼かもしれません。しかし神戸好きで、神戸が日本の中でも女性が最も美しく見える街だと思っている僕にはそう思えます。逆に大阪の女は日本で一番ずるいような気がします。それゆえ大阪を改革したい。もっと男と女が自然に寄り添え、信じあえるような街にしたい。それが大阪生まれでありながら、現在の大阪嫌いな僕の切実な願いです。
 
| バンババン | 恋愛 | 20:37 | comments(0) | trackbacks(2) |
どちらからともなく
 もう少しでクリスマス&お正月ですね。一年のうちで一番観光業界や飲食業界がにぎわう月日です。さて僕のほうでも前から僕のブログを読んでいただいている方にはわかるでしょうが、今狙っている娘がいてクリスマスまでには白黒決着を付けたいと思っています。明日、明後日はその待望の日となるかどうかの正念場です。これまでのパターンから言って彼女が行きつけの喫茶店のバイトのシフトに入っている可能性が高いからです。しかし彼女とは顔をあわせれば会釈する仲になっており、後は僕の「今度お茶で飲みに行かない」と告白できるかどうかにかかっています。ただ前にも書きましたが、「女は押しの一手で積極的に男として声をかけよう」というような見栄は張らないでおこうと思います。あえて「どちらからともなく、惹かれあったらいい」という危険な道を行こうと思います。確かに強引にいくというのもそれはそれで難しいのでしょうが、僕にとってはこちらがアクションをかけているのに、向こうは知らん振りでせんずりのえさにしかならないような女はお断りです。こういう自分さえよかったらいい恋愛しか出きない女は大阪に多い。その点神戸女にはひ弱さが感じられ、かわいそう、すなわち好きになる女が少なからずいます。それゆえ神戸で結ばれたい。まずはお茶飲みやメール交換友達として付き合いたい。しかし「男として男のほうから声をかけるのは当たり前」というような態度から一転して、男と女は恋愛においては平等、それゆえお互い盗み取ったりするのではなく、そしてギブ&テイクも越えた、どちらからともなく与え合って結ばれるというあえて危険でより困難な道を選びたいと思います。お互い盗みあって「性欲をみたすため男が一方的に声をかける」そんな恋愛はしたくありません。何かこういままでの反省とこれからの作戦を立てていると、今度こそはうまく行きそうです。明日あさってのブログに期待していてください
| バンババン | 恋愛 | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
第一段階完了
 今日は神戸に行きましたが、今一つさえない一日でした。その中で唯一救いだったのが、今狙っている喫茶店のウエイトレスに話しかけれたことでした。彼女が僕が陣取っている二階のフロアーに一階から食器を片付けに上がってきた時でした。ちょうどその返却カウンターの横にセルフサービスの給水器があり、そこへ水を入れに行くという理由をつけて汲みに行き、話しかけたのです。最初は「この水おいしいね。浄水器やね。」とさりげなく切りだしました。彼女がこちらを振り向いて話しかける状態になったら、「コーヒーのサイズでS,M,Lとあるうちどれが一番売れてる?僕はSで十分やけど、」ときくと、「Sが一番よく出てます」と返ってきました。「そうやろ、僕もこの体ながらSで十分やわ。Lなんか飲むやつの気がしれんよ。」と返しました。するとクス、クスとかわいい声で笑い返してきました。だから最後に一発、人によったらそれはよけいかもしれんよといわれそうですが、「Sでえーすよ」といって去り際にしゃれを言ってそこから立ち去りました。自分自身も共感笑いをとるため笑っていたので、彼女がどう反応したかどうかよくわからずじまいでした。この体験が今日の神戸での唯一の楽しかったことで、後は全部調子が悪く面白くないことばかりでした。しかし何とかもう顔をあわせたら挨拶する仲になってしまいました。第一段階は終わったのです。次はいよいよデートに誘う段階です。どんな言葉で決めれば彼女は首を縦に振ってくれるのか、いまの時点ではまったくわかりません。ただ前はそうしていた、「僕は男だから彼女をリードし守ってやるために何か話しかけねばならない」というような気負いはせず、対等な男女の駆け引きなんだと敢えて自分の不得意な誘い方で、誘ってみようと思っています。その理由はいままで「男が・・・男が・・・」と強調しすぎて、反って女を怖がらし、失敗し続けているからです。むしろはじめは友達同士仲良くなるというところから、そしてそれからお互いに惹かれあってその欲求が頂点に達したときに、抱きあえたらなと思います。現代は時間に追われたスピード化時代のアンチテーゼとして,スローフードやゆっくりジョギング,ウォーキングなどスロー文化というものが見直されてきています。あの女を「その日のうちに食べちゃったよ。」という男中心のセックスも魅力的でなくはないです。しかし中には「やっとキスまで行って、そして抱き合って、ペッテイングまで行き、ようやく結ばれたよ」という今時では珍しい、スローな付き合いもいいかなと思います。しかしいくら想像をたくましくしても、第二段階のデートに誘うところをクリアして、付き合う段階まで行かなければ事は始まりません。とにかく失敗してもくいのないよう精一杯努力してがんばりたいと思います。
| バンババン | 恋愛 | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) |


 SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
.
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS