バンババン

文章だったらそこそこの
ものを書けるのですが、
やれ画像やレイアウトの美
的感覚はゼロなので、これ
から向上してゆきたいと思
います。
  << November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
アホになって猥談
 今日はかつて病院で同じ釜の飯を食った後輩と彼の友達三人で神戸で会ってました。元町のジャンカラで全く歌を歌わず、蜜室で話し声がもれないのをいいことに、人が聞いたらひっくりがえるような猥談をしてはしゃいでました。その内容はその後輩の家によく行くのでそこのお姉さんやおばあちゃんをネタに、常識では考えられない想像力で猥褻話を作りました。その他腰を振ることはもちろんグラインド(旋回)させたり、とにかく卑猥なことをしゃべりながらアクションもありの、ほんと親が見たら泣くような想像猥褻行為をしていました。しかしやはりバカになるのもいいですが、少しは慎みをもったほうがよりHになることを今回のバカ騒ぎで学びました。だからあまりにもアホになりすぎて最後は幼稚っぽく、隠語を飛ばしあうだけの空虚なものとなってしまったのが今回の反省点です。しかしカラオケボックス、特に値段が格安なジャンカラは何も歌を歌うだけが脳ではなく、他にもいろいろな使用の仕方があることを今回も確認しました。僕も歌を歌うばかりでなく他の喫茶店のように人の行き来で騒がしくないのをいいことに、読書をしたり書き物をしたり大いに有効活用しています。それから魚崎にあるその後輩の家へ行って、彼はその友達とファミコンの「三国志」という軍人将棋みたいなゲームをし、僕はその間机で書き物をしてました。そして彼らが終わったあと、三人総当りで将棋をしました。僕が二勝してトップでした。そして四時過ぎに僕だけおいとまして、魚崎から御影までウォーキングをし、行きつけの喫茶店で書き物をして家路につきました。今日はいつになく充実した一日でした。ただ惜しむらくは冒頭でも言った猥談でバカ騒ぎしたのですが、やはりもう少し謹んで理性も使ったほうが、更により満足できる猥談が出きたのではと悔やまれます。今度は僕ももっと猥談の話術を磨いて、会話によって彼らを単に「アホヤ」と笑わすばかりでなく彼らの何をエレクトさせて、想像共感セックスが出きるようにその技術を研磨したいと思います。
| バンババン | 猥談仲間 | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://samurai4444.blog.bai.ne.jp/trackback/37954
トラックバック

RECENT COMMENTS
.
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS