バンババン

文章だったらそこそこの
ものを書けるのですが、
やれ画像やレイアウトの美
的感覚はゼロなので、これ
から向上してゆきたいと思
います。
  << November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
神戸に感謝
 今日の昼間も神戸で過ごしました。前にも言ったことのあるいつも立ち寄るなじみの喫茶店で今日も例の女性はいました。僕が朝から行くのは土、日だから他の平日は知りませんが、彼女は土,日と僕が来る九時過ぎの十分後に決まってやって来ます。そして思うのですが男と女最初に会った時どう出るかが非常に大切で、僕は彼女が喜ぶと思ってその姿を眺めてあげます。そうすると彼女はそれに答えて見せてくれます。これが男と女の賭け引きかと思える瞬間です。きざに言えば何か時が止まって彼女と僕だけが動いているようです。それから彼女が席に付き、僕は今までしていたように新聞のノート整理を再び始めます。そして時々彼女はどうしているのかなとか、ひょっとしたら彼女が僕のほうを見つめてるかもしれないと言う気がかりから、頭を上げ彼女の様子を伺います。彼女はタバコをふかしているか、手鏡で化粧を直しているかそれと後一つは僕のほうを盗み見てるかいずれかです。問題は一番最後で彼女が僕のほうを盗み見ている場合、「ひょっとして俺を見て感じているのかい」という様に見返してやります。そうすると彼女は「許してあなたかっこいいもの」と訴えるような目で許しを請うて来ます。またそれ以上にいいのは「そんなこと知らない」と素知らぬふりをされて「あなたこそあたしが欲しいんでしょ。」と逆に男の本能をくすぐるような返り討ちにあうことがあります。いずれにせよそれがうまく決まったときは楽しくて仕方ありません。これが女とのセックス(広い意味で)しているのかと思う瞬間です。まだ一言も声をかけておらず、目の視野に入らなければ赤の他人ですが、このような広い意味でのセックスを楽しんでします。さて彼女とはどうなるんでしょうか。もっとたまらない性感に苛まれて、「ねえ、いつも会いますね。隣に座ってもいいですか」と誘えることを待ち望んでいます。思うのですが、彼女がかわいいからセックスしたくなると言うよりは、彼女と広い意味でのセックスをしているからかわいくなってきたと言う感じです。これも自分自身これまで女性に対して研鑽を積んできた運命的なものもあるのでしょうが、何よりも神戸と言う地がこういう出会い、付き合いを可能にしたのでしょう。彼女とセックス(そのものずばり)したい。彼女もきっと同じ思いを持っているに違いない。そこまでわかっていても声をかけれない自分がもどかしい。彼女は待っているんだと自分を鼓舞するときもありながらも、ひょっとしたら結婚もしていて、子供までいてもおかしくない年。僕との仲はいつまでもこのまま空想と共感の中で楽しめればいいと思っているのかもしれない。と怖気ずいてしまう。でもこれが恋愛なんだなと思う。でもエピローグはどうなるのだろう。ハッピィ−エンドとなることを当事者である僕も、これを読む読者も期待するだろう。とにかくいま僕に出来ることは、こういう運命を呼び込んでくれ、出会いを設定してくれた神戸に感謝したい。
| バンババン | 日記 | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://samurai4444.blog.bai.ne.jp/trackback/23826
トラックバック

RECENT COMMENTS
.
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS