バンババン

文章だったらそこそこの
ものを書けるのですが、
やれ画像やレイアウトの美
的感覚はゼロなので、これ
から向上してゆきたいと思
います。
  << November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
大阪探険ー天王寺区編
昨日は月に一回の作業所の行事である大阪市内の区を一つ選んで、指導員さんが選んだポイントをラリー形式で回って探険するという催しに参加しました。今月は天王寺区でした。その中で天王寺七坂という七つの坂を地図頼りに一つ一つ巡っていって、最後通天閣の下までたどり着くというものでした。朝十時半に出発したのですが、異常気象ともいえる暑さでみんな汗を流しながら、迷い迷いして一時間半ほどで無事回ることが出来ました。七坂の全容は、真言坂、源聖寺坂、口縄坂,愛染坂、清水坂、天神坂、逢坂の七つでした。このラリーを前日の日に一度は問題を作り作り回り、時間や距離を測ってもう一周したという指導員さんの情熱と愛情に頭が下がりました。仕事だから仕方ないと思う人もいるかもしれませんが、三十一と二十七の若い指導員さんで、福祉に対して相当の熱意と僕達に対する愛情がなかったら出きないことだと思います。そして最後通天閣の最上階にも登り、大阪の町を一望しました。近いところでは天王寺動物園、天王寺駅前の近鉄とMIO(そこでぼくはあれをミオとしょうむない親父ギャグを飛ばして顰蹙を買いましたが)がみえ、そして西の南港のATCにあるコスモタワーが高くそびえ、目をもう少し北に転ずると六甲連山の塊が眺められ、弁天町駅前のオーク200が太陽に輝いてひときわ高く見えました。何しろその日の暑さといったらたまらず、僕は最上階で百二十円のソフトクリームを買い、なめしゃぶりながら展望を楽しみました。
 ほんとこの探険三月から始まって今月九月で七回目。最初はみんなでぞろぞろ指導員さんに連れられて何にも考えずに名所を巡ったのですが、このラリー形式になってグーンと自主性が高まり、地図を見る能力がつきました。指導員さんたちはほんと良いことを考え出してくれました。また今月もミーティングでどの区になるかわかりませんが、指導員さんたちの趣向を凝らしたラリー楽しみにしています。
| バンババン | 紀行 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://samurai4444.blog.bai.ne.jp/trackback/20566
トラックバック

RECENT COMMENTS
.
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS